賃貸物件の注意点

賃貸物件に住む場合にいくつかの注意点があります。何事もなく契約満了日まで賃貸物件に住むためには、注意点や賃貸物件に多いトラブルなどを避けて生活をする必要があるので事前に対策を立てておくようにしましょう。

賃貸物件で多いトラブル

婦人

敷金返還トラブル

賃貸物件のトラブルとして、敷金返還トラブルがあります。敷金は一時預け金のようなものなので通常は入居者が退去する際に戻ってきます。しかしその敷金がいつまで経っても戻ってこないというトラブルも多いので、契約時にしっかりと敷金の行方は確認しておきましょう。

原状回復費用トラブル

退去の際に立会いを行ない、修繕に掛かる費用を見積もる原状回復費用ですが、こちらもトラブルとして多いです。部屋を綺麗に使っていたのにも関わらず、リフォームと同等の料金が掛かってしまうケースもあるため、立会いの時は詳しく費用について確認すべきでしょう。

ペットトラブル

ペット可の物件に多いですが、壁の傷や臭いなどのトラブルもよく起きているようです。ペット可の物件ではペットが問題を起こした時の為に保証金などを別途で要求しますが、それ以外にも消臭や清掃代金が発生するケースがあります。ペット可の物件の契約を行なう際は、評判の良い不動産会社を利用し契約書もしっかりと読んで確認しましょう。

解約後の追加費用トラブル

修繕費なども支払い、解約が完了した後に追加料金の請求がくる場合もあります。解約している以上強制的ではありませんが、不動産会社の相談に応じて支払ってしまう方も中にはいるようです。特に原状回復費に関しての追加費用の相談が多いとされているので、解約の際はしっかりと不動産会社と話をつけるようにすることをオススメします。

隣人トラブル

賃貸物件では隣人トラブルも起きるケースがあります。壁が薄い物件だと生活音だけでなく、話し声も聞こえてしまう場合があるので気がつかぬ間にトラブルの元となってしまう場合もあるのです。内見を行なう際にはしっかりと不動産会社の担当者に相談し、壁の厚さや隣人の特徴などを確認しておくようにするといいでしょう。

手続きをスムーズに

賃貸物件の契約をスムーズに進めるためには、事前に契約時に必要となるものや書類を揃えておくことをオススメします。印鑑や家賃の引き落としに必要になる銀行口座の通帳などは基本的に必須となるので準備しておきましょう。

賃貸物件の契約時に必要になるものリスト

  • 印鑑
  • 住民票
  • 源泉徴収
  • 保証人の署名
  • 通帳

お部屋探しは慎重に!賃貸物件に多いトラブルを前もって知っておこう

メンズ

一人暮らしの心得

大学生や新社会人になると親元を離れ、一人暮らしを始める方も多いでしょう。このような場合初めて一人暮らしをする方がほとんどなので、物件選びから契約に関して注意しておくべき部分がいくつもあります。賃貸物件の契約時に重要となってくる部分としては、敷金と退去時の原状回復費用となっており契約を交わす際は十分に注意しておくようにしましょう。

[PR]
新宿で家賃へ申し込み
オススメスポットが見つかる

[PR]
横浜で分譲賃貸が探せる!
優良物件を見つけるコツとは?

[PR]
学生向け賃貸が探しやすい!
物件選びの際に活用する価値アリ☆

[PR]
荻窪で賃貸探しを成功させよう
物件探しに役立つ情報が満載☆

[PR]
川崎で分譲賃貸を利用しよう
評判の高い不動産会社を厳選リサーチ♪